読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

より長続きするブログ

続けていきたい気持ち。

2. 失敗メモ

2.1 仮想化

最初はVirtualBoxで仮想化環境で、Linuxを入れようと思っていたが、それだとメモリをフルに使えないので取りやめ、デュアルブートにした。

2.2 CDブートの問題

UbuntuのCDを外付けCDドライブ(Mac miniなので)に入れてcを押しながら起動したり、Optionを押しながら起動してCDのアイコンを選んだりしても上手くブートしない。真っ黒な画面が表示されて終わり。OptionキーからのメニューではUSBもブートしない。rEFItのメニューからブートさせるしかなかった。PRAMクリアとPSUリセットも試したが変わらず。

2.3 Mac miniのOpen Firmwareが使えない

[Command]+[Option]+O+Fを押しながら起動しても、Open Firmwareが開かない。

2.4 Ubuntuでのインストール失敗

UbuntuをインストールからNewblerをインストールしようとすると、途中で失敗した(インストールフォルダには断片みたいなファイルができてしまった)。これは以下の原因が考えられる。

  • Ubuntuのインストール時、サードパーティ製のソフトのサポートのチェックを入れなかった。後からOpenJavaRuntimeを入れたが、他に何か関係するソフトが漏れたのかもしれない。
  • zlib.i386, libXi.i386, libXtst.i386, libXaw.i386というライブラリが足りないということで、これらを一つづつインストールしようとした("sudo apt-get libxi-dev" など)。この試みは失敗し、必要なライブラリが全てインストールされなかったが、あとから入れたものと競合したのかもしれない。

2.5 Newbler assemblerのバージョン依存

他のバージョンのNewblerとして、v2.6をダウンロードしインストールしようとしたが、これもすぐに2.5とは異なるエラーが出て失敗した。おそらくインストール不可能だと思われる。v2.5.3は未検討。v2.5のfix版だとしたらこちらを試すべきだったかもしれないが、今となってはやり直す気が起きない。v2.3以下は機能が足りないらしいのでまったく使わなかった。

2.6 他のLinuxディストーション

Ubuntuで失敗したのはDebian系OSのせいかもしれないと考え、CentOS6.0、Fedora16などのインストールを試みた。しかしCDドライブからのブートができないためにUSBブートしかないのは変わらなかったし、CentOSはUSBブートの方法があるかわからなかったため、FedoraはUSBからのブートしようとはするが、インストーラが立ち上がらないためそれぞれ中止になった。その後再びUbuntuをインストールし直してNewblerをインストールすることができた。